部屋から出せない家具の処分はどうすればいい?解決方法を解説!

部屋から出せない家具の処分方法

ベッドやソファ、タンスのように大きくて重く、部屋から出せない家具の処分はどうすればいいか悩みますよね。

自力で運べないほど大型の家具処分には「安く処分したい」「早く処分したい」「まとめて処分したい」のように、あなたの希望に合わせて6つの捨て方があります。

この記事では、部屋から出せない家具を処分する方法をわかりやすく解説しているので、あなたの希望に合う捨て方をチェックしてみてください。

タップできる目次

部屋から出せない家具を処分する方法

部屋から出せない家具を処分する方法は6つありますが、それぞれのメリットとデメリットがあります。

解体して自治体に回収してもらう

自己搬入回収
手間
解体/搬入

解体/運び出し
料金
2,000円〜

2,000円〜
時間
即日〜

2週間〜
大型家具
制限なし

制限なし

家具を自分で運び出せる大きさまで解体できれば、粗大ゴミとして自治体に回収してもらうことができます。

自治体による粗大ゴミ回収であれば、大型家具でも2,000〜3,000円ほどと料金は安いです。

ただし、粗大ゴミ回収車を依頼する場合は2〜3週間かかるため、家具をすぐに捨てることができません。

家具の処分料金を安くしたい人は、自治体ホームページあるいは自治体のLINEから粗大ゴミ回収の申請ができるので、利用してみると良いでしょう。

>> 東京都内の粗大ゴミ受付はコチラ
※練馬区/世田谷区/目黒区/品川区/23区外は対象外
※東京都内以外は住んでいる地域の自治体ホームページをご確認ください

引越し業者に引き取ってもらう

引越し業者
手間
すべてお任せ
料金
5,000円〜
時間
引越し日
大型家具
制限なし

引越しに伴って不要な家具を処分したい場合は、引越し業者に引き取ってもらうことができます。

梱包から運び出しまで引越し業者が行なってくれるので手間は少ないですが、大型家具の引き取り料金は5,000円〜10,000円ほどで、不要になった家具の処分方法としては料金が高めです。

また、引き取り可能な品目が限られていることや、不要な家具の引き取りを実施していない引越し業者もあるため、利用する引越し業者に必ず事前確認しましょう。

家具の販売店に引き取ってもらう

販売店
手間
すべてお任せ
料金
3,000円〜
時間
家具の配送日
大型家具
制限なし

家具の買い替えで不要になった大型家具は、家具の販売店に引き取ってもらうことができます。

梱包から搬送まですべて運搬業者が行ってくれるため、あなたの手間は一切ありません。

家具販売店舗ごとの引取対象家具・金額・条件は以下の通りです。

店舗対象家具引取金額引取条件
ニトリ指定なし4,400円購入家具と同数もしくは同容量
IKEAソファ・マットレス無料
※部屋への搬入(¥5,500)と同時申し込み必要
購入家具と同種・同サイズ・同数
※アウトレット商品は対象外
無印良品ベッド / ソファ / テーブル / マットレス3,000円購入家具と同種・同数
東京
インテリア
大型家具
(幅+丈+奥行= 300cm以上)
3,000円〜
5,000円
購入家具と同等・同数
ベルメゾンベッド / テーブル / ソファ / 収納棚など対象商品無料
※商品価格41,800円以上かつ大型商品送料7,150円が対象
購入家具と同種・同数
店舗対象家具引取金額引取条件
ニトリ指定なし4,400円購入家具と同数もしくは同容量
IKEAソファ・マットレス無料
※部屋への搬入(¥5,500)と同時申し込みが必要
購入家具と同種・同サイズ・同数
※アウトレット商品は対象外
無印良品ベッド / ソファ / テーブル / マットレス3,000円購入家具と同種・同数
東京
インテリア
大型家具
(幅+丈+奥行= 300cm以上)
3,000円〜
5,000円
購入家具と同等・同数
ベルメゾンベッド / テーブル / ソファ / 収納棚など対象商品無料
※商品価格41,800円以上かつ大型商品送料7,150円が対象
購入家具と同種・同数

ただし、家具の販売店による家具処分は自治体での粗大ゴミ回収に比べて料金が高めです。

  • 家具販売店:3,000円〜5,000円
  • 自治体:2,000円〜3,000円

家具の買い替え時に不要な家具を処分したい場合は、新しい家具の配送日でないと古い家具を処分することができないので、家具を早く処分したい人は注意してください。

また、不要になった大型家具を家具販売店に処分してもらうには事前申請が必要なので、家具の購入時に忘れずに不要な家具の引き取りを申し込みましょう。

フリマアプリで販売して配達業者に運んでもらう

フリマアプリ
手間
出品/梱包
料金
5,000円〜
時間
売れるまで
大型家具
重量制限

フリマアプリで家具を出品して、配達業者へ依頼すれば回収してくれます。

フリマアプリで「少しでもお金になれば」と、いらなくなった家具を販売する人も多いと思いますが、実は家具の処分費用が高くなってしまうリスクがあります。

例えば以下のようなケースをご覧ください。

フリマアプリで家具の処分費用が高くなる例

【商品】
食器棚(80Kg)

【運送】
ヤマト運輸『らくらく家財宅急便』150kg以下

【出品料金】
10,000円(例:手数料10%)

【運送料金】
送料11,000円+吊り下げ11,000円
= 合計22,000円

【処分費用】
売上10,000円 − 手数料1,000円 − 運送料22,000円
= 合計 − 13,000円

フリマアプリの場合は購入者の同意がない限り出品商品を分解して配送できないため、部屋から出せない家具を配送するには吊り下げ料金など別途オプションが追加されてしまいます。

出品している家具が売れるまで処分できず処分費用も高くなる可能性があるため、手間を考えると大型家具の処分方法としてはあまりおすすめできません。

出張買取業者に買い取ってもらう

出張買取
手間
すべてお任せ
料金
+100円〜
時間
即日〜
大型家具
運び出し制限

出張買取業者にいらなくなった家具の買取りを依頼すれば、解体や梱包の手間もかからず即日対応も可能です。

出張買取は事前にWeb見積もりしてから現物を査定してくれることが多く、いらなくなった家具がその場で現金に変わる可能性もあるため、とてもお得なサービスです。

ただし、2階からの運び出しや搬出に対応していない、あるいは買取り希望品が傷んでいて買取り不可というケースもあるため、買取業社を選ぶときは以下のポイントをチェックしましょう。

出張買取業者を選ぶポイント
  • 運び出しや搬出に対応しているか
  • 大型家具1点からの買い取り可能か
  • 出張費や見積もり料金は無料か

買取り商品が複数点あると融通を利かせてくれるケースもあるので、不要になったブランド品やアクセサリーなどを合わせて、まずは見積もり依頼してみると良いでしょう。

>> 全国対応!最大20社の買取価格の比較なら【おいくら】

不用品回収業者に依頼して回収してもらう

不用品回収
手間
すべてお任せ
料金
複数5,000円〜
時間
即日〜
大型家具
制限なし

不用品回収業者に依頼すれば、危険物を除いて大型家具でも業者にすべてお任せで即日対応してくれます。

不用品回収業者によって1点だけの回収を行っていない場合もありますが、不要な家具が複数点ある場合は手間いらずで料金もリーズナブルに抑えることができます

ただし、部屋から出せない家具を『吊り下げ搬出する業者』や『解体する業者』など対応や基本料金に含まれるオプションが異なるため、必ず業者を比較するようにしましょう。

「どの業者を選べば良いかわからない」という人は、あなたの住んでいる対象地域の不用品回収サービス最大5社を登録不要・無料で一括見積もりしてみてはいかがでしょうか。

>> 不用品お片付けの一括見積りはコチラ!

部屋から出せない家具を処分するときの注意点

  • 家具を自分で解体して搬出する場合は床や壁を傷つけるリスクがある
  • 業者選びに失敗すると家具の処分費用が高額になってしまう可能性がある

大きさや重さにより部屋から出せない家具を処分するときの注意点は、上記の2つです。

手間を惜しまず家具を自分で解体して処分する場合、処分料金は安く済む一方で、運び出しの時に床や壁を傷つけてしまう可能性があるため充分に注意してください。

また、出張買取業者や不用品回収業者のうち、悪徳業者を選んでしまって高額請求されるケースもあります。

必ず詳細な条件を確認して、複数業者から見積もり比較するようにしましょう。

不用品お片付けの一括見積りはコチラ!

部屋から出せない家具を処分するときのよくある質問

一番安い家具の処分方法はなんですか?

一番安い家具の処分方法は、粗大ゴミとして捨てることです。
大きな家具でも2,000円〜回収してくれます。ただし、自分で家具を解体・運び出しする必要があるので注意しましょう。
>> 解体して自治体に回収してもらう方法の詳細はこちら

部屋から出せない家具の処分はどうすればよいですか?

部屋から出せない家具の処分方法は6つあります。
自分で運び出しが難しいものは、出張買取業者や不用品回収業者に依頼するのも良いでしょう。
>> 部屋から出せない家具の処分方法はこちら

ソファを1つだけ捨てるとき、おすすめの方法は?

買い替えの場合は、家具販売店に引き取ってもらう方法がおすすです。
ソファの処分だけであれば、手間や料金を抑えられる出張買取業者の利用も良いでしょう。

引っ越しでたくさん粗大ごみがあるとき、おすすめの方法は?

処分したい家具や家電など、複数ある場合には不用品回収業者の利用がおすすめです。
不用品をまとめて回収してくれるパック料金であれば、手間なく、安く粗大ゴミを処分することができます。
>> 不用品回収業者に依頼して回収してもらう方法の詳細はこちら

まとめ

部屋から出せない家具の処分方法を6つ解説しましたが、引越し・家具の買い替え・断捨離など、家具を処分したい目的に合わせて最適な処分方法は異なります。

ぜひ、あなたの状況や希望に合った最適な家具の処分方法を選んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
タップできる目次
閉じる