危険な不用品回収業者の詐欺やトラブルを防ぐ方法

不用品回収業者は危険!?詐欺やトラブルに逢いやすい人とは?

危険な不用品回収業者による詐欺やトラブルは多く、不用品回収でぼったくられたケースが増加しています。

もし、あなたが不用品回収を依頼した業者が “無許可の不用品回収業者” であった場合、「高額請求された」「不法投棄された」など詐欺やトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

「不用品回収業者は危険なんじゃないか?」「不用品回収は怪しい!」と思う人もいるでしょうが、優良業者を見極められれば、不用品回収はとても便利なサービスであることは間違いありません

この記事では、危険な不用品回収業者の詐欺やトラブルを防ぐ方法、優良業者の選び方を徹底解説します。

タップできる目次

無料の不用品回収業者は危険?

“廃品回収車” や ” 無許可” のような、無料の不用品回収業者は危険です。

なぜ危険なのか?理由は以下の通りです。

無料の不用品回収業者の詐欺・トラブル
  • 無料見積もりといったのに、断ったらキャンセル料を請求された
  • 作業後に見積もりをはるかに上回る高額な請求をされた
  • 無料で回収しますといって家に上がり、金品をネコババされた
  • 回収された不用品が不法投棄されて罰金請求がきた

etc…

このように、悪質な不用品回収業者による詐欺やトラブルが多く聞かれます。

悪質な不用品回収業者は、”無料”と言いながらあの手この手で騙そうとするため注意が必要です。

危険な不用品回収業者の詐欺やトラブルを防ぐ方法

危険な不用品回収業者の詐欺やトラブルを防ぐ方法を、それぞれ以下で詳しく解説します。

作業開始前に、必ず現地見積もりを出してもらう

不用品回収の相談時に事前見積もり料金を出してもらうことはもちろん、当日の作業前に現地見積もりを必ず出してもらいましょう

事前見積もりと現地見積もりの料金差が大きく、予算を超えてしまう場合は断っても問題ありません。あるいは、予算内で収まる量はどのくらいか聞いてから判断しても良いでしょう。

こちらの相談に答えず「積んでみないとわからない」と勝手に作業しようとしたり、高圧的な態度を取られたら、その場で警察へ連絡することでぼったくりを防ぐことができます。

ボイスレコーダーで録音して、証拠を残しておく

見積もりや作業説明が曖昧で、やりとりの時点から「なにか怪しい」と思う業者であれば、あらかじめボイスレコーダーで録音しておきましょう

業者とのやり取りの音声を残しておけば、詐欺に遭う前に警察へ連絡をして、不当請求を防ぐことができます。

その場で被害に遭って警察や消費者生活センター、弁護士に後日相談することになっても、証拠があるのとないのとでは状況が大きく異なります。

複数業者に相見積もりを取って、相場費用を把握する

急な引っ越しですぐに不用品を処分したいこともあるでしょうが、基本的には日程に余裕を持って、複数業者に相見積もりしてもらうと良いでしょう

複数業者に見積もりを出して貰えば、不用品回収の相場費用を知ることができます。

相場費用よりもあきらかに高すぎる、あるいは安すぎる場合は、悪質な不用品回収業者の可能性があります。

実際に不用品回収業者を利用した人の口コミを参考にする

不用品回収業者を実際に利用した人の口コミを参考にすることも有効です。

Webサイト上には「込み込み料金」と記載しているのに、実際は別途料金を取る業者もあります。

>> 消費者庁 『ウェブサイト上で「お得な定額パック 定額パック料金は、全てが込み込みの料金」などの広告・表示をして不用品・粗大ごみ回収サービスを提供する事業者に関する注意喚起(外部リンク)

消費者庁が注意喚起した上記の業者は、Googleマップの口コミでマイナス評価が多いです。

なんでもマイナス評価するクレーマー気質の人もいるため鵜呑みにしすぎてはいけませんが、実際の利用者の口コミ、を参考にして業者を選ぶことも有効です。

悪質業者と優良業者の見分け方は?

悪質業者と優良業者を見分ける上で、5つのポイントがあります。

以下で詳細を解説しますが、1つでも当てはまる業者は悪質業者と言えるので注意しましょう。

相場よりも料金が安すぎる

相場よりも料金が安すぎる業者は、悪質業者の可能性が高いです。

「他社よりも安いですよ」「込み込みですよ」と、詳しい説明もなく安さばかり推してくる業者には注意が必要です。

一方、事前見積もりが明朗で、料金の詳細を説明してくれる不用品回収業者は信頼できる業者と言えます。

マナーや身だしなみが悪い

不用品回収というと少し汚れ仕事なイメージを持つ人もいますが、優良業者は身だしなみが清潔で、言葉遣いも丁寧な方が多いです。

悪質業者は接客マナーに気遣っていないため、身だしなみ、言葉遣いとも綺麗とはいえないケースが多いです。

電話でしつこく勧誘してくる

電話でのしつこい勧誘は「押し買い」というあきらかな違法行為のため、間違いなく悪質業者です。

断ってもしつこく電話を切ろうとしない場合は、こちらからすぐに電話を切りましょう。

作業内容書や領収証といった書類がない

「積んでみないとわからない」と、不用品回収の詳しい説明もなく作業を始めようとする業者は、悪質業者です

通常、現地見積もりのあとに作業内容を確認した上で、利用者から同意を得て回収作業を開始します。

また、不用品回収後の料金支払いは現金・クレジット・QRコード払いなどさまざまですが、どんな場合であろうと優良業者は必ず領収書を発行してくれます。

事前の見積もりがなく、出張見積もりしようとする

お問い合わせ時の事前見積もりがなく、「現地に行ってみないと見積もりが出せない」という業者は、悪質業者の可能性が高いでしょう。

不用品回収依頼の流れとして、業者にお問い合わせをしたら不用品・現地状況の詳細を伝え、おおよその見積もり金額を算出してもらいます。

実際の現場状況によって料金に多少の差異がある可能性もありますが、事前見積もり、現地見積もりで二重確認をしてから作業に入るのが通常です。

悪質な不用品回収業者の詐欺やトラブルに遭いやすい人

悪質な不用品回収業者の詐欺やトラブルに逢いやすい人は上記のような人たちで、その詳細を以下で解説します。

不用品回収業者の詐欺やトラブルに逢いやすい人は、『押し買い被害』も逢いやすいです。押し買い業者についてはこちらの記事を参考にしてください。
>> 押し買い業者名リストは公開されている?被害に遭う前に撃退する方法!

1人暮らしの女性

1人暮らしの女性は、悪質業者に狙われる可能性が高く、詐欺やトラブルに逢うリスクがあります。

女性スタッフが多く在籍する業者もありますが、ほとんどの業者では男性スタッフが多くを占めます

悪質業者に不用品回収を依頼してしまい「高圧的な口調で高額請求された」という被害も少なくありません。

1暮らしの女性の場合、女性スタッフの在籍する不用品回収業者に依頼することで詐欺やトラブルに逢うリスクを回避することができます。

1人暮らしの高齢者

1人暮らしの高齢者は、不用品回収の詐欺やトラブルに逢うリスクがもっとも高いです

悪質業者は「お金や他の金品があるのではないか?」と考え、言葉巧みに騙してきます。

オレオレ詐欺の被害にもあるように「自分はそんなのには引っかからない」と思っている方ほど、詐欺やぼったくりといったトラブルに逢うリスクは高いです。

1人暮らしの高齢者の方は、不用品回収や買取業者の利用にかかわらず、まずは子供や孫に相談することを日ごろから意識しておくといいでしょう。

意思表示が苦手で押しに弱い人

意思表示が苦手で押しに弱い人は、悪質業者や押し買い業者のカモにされるリスクがあります

「今なら不用品回収を○○円安くします」

「当日成約なら〇%割増で買い取ります」

など、お得そうな言葉に惑わされて断り切れず、不用品回収や買取を依頼してしまうなんてケースが多いです。

普段からあまり断れない人は、詐欺やトラブルに逢う可能性が非常に高いため、納得いかない提案や請求に対してはとにかく強い意志をもってキッパリ断るようにしましょう。

危険な不用品回収業者の詐欺やトラブルを防ぐ方法!まとめ

不用品回収事業を行うには “廃棄物収集運搬業許可” が必要で、買取事業を行っている場合は『古物商許可』も併せて必要になります。

“廃棄物収集運搬業許可”、”古物商許可” のどちらも取得していない不用品回収業者は危険で、国の許可を得ていない悪質な業者と言えるでしょう。

「こちらは廃品回収車です。 ご家庭で不要になりました、テレビ、エアコン・・・(中略)。 壊れていてもかまいません。 大きなものや重たいものなど、どんなものでも回収いたします。」といった放送を流している、廃品回収車も違法性があるため注意しましょう

とはいえ、不用品回収はすべての業者が危険なわけではなく、優良業者も多いため、うまく利用すれば手間も時間もかけずに不用品を処分できる優れたサービスです。

急な引っ越し、終活のための生前整理、遺品整理などを効率的に済ませるために、ぜひ不用品回収業者を利用してみてくださいね。

おすすめの優良な不用品回収業者

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次