使わなくなったポータブルトイレの処分方法は?

使わなくなったポータブルトイレの処分方法は?

高齢の親の介護が終わった後、使わなくなったポータブルトイレの処分方法で悩んでいますか?介護用のポータブルトイレは意外と大きくて重いので、捨て方に困りますよね。

介護用品店からレンタルで借りていたものであれば返却すればいいだけですが、長期間の利用を目的に購入したポータブルトイレは自分で処分する必要があります。

「粗大ゴミで捨てるの?」「無料で寄付はできる?」と、疑問を持っているあなたに向けて、この記事では使わなくなった中古のポータブルトイレの処分方法を徹底解説します。

一括見積もりならエコノバ

エコノバは、会員登録不要、利用料金0円で最大5社の優良業者を紹介してくれるので、「効率的で使い勝手がいい」「業者がすぐに見つかる」と、実際に利用した人からの口コミや評判が良い一括見積もりサイト。

業者選びで失敗したくない、できるかぎり安く不用品を処分したいというかたにピッタリのサービスです!

エコノバ エコノバ

>> エコノバ公式サイトはこちら

タップできる目次

使わなくなったポータブルトイレの処分方法

ポータブルトイレの処分方法一覧

使わなくなったポータブルトイレの処分方法は上記のように5つあるので、以下でそれぞれの詳細を解説します。

粗大ゴミとして処分する

項目粗大ゴミとして処分
処分費用
200円〜
処分する手間
運び出しの手間がある

ポータブルトイレの処分方法は自治体によって規格は多少変わります。例えば、横浜市の場合は最も長い辺が50cm未満でプラスチック製の場合は「燃えるゴミ」、陶器製の場合は「燃えないゴミ」となります。

介護用のポータブルトイレとなると最も長い辺が50cmを超えると思われるため、普通ゴミで処分することはできず、粗大ゴミとして処分する必要があります。

粗大ゴミとして処分する場合は、自治体に回収の申し込み後に粗大ごみシールを貼って回収場所まで運ぶ、あるいは粗大ごみ自己搬入ヤードに持ち込まないといけません。

粗大ゴミとして処分する場合には、必ずお住まいの自治体のルールを確認するようにしましょう。

購入した店舗に相談する

項目購入店舗による回収
処分費用
無料〜
処分する手間
運び出しの手間がある

ポータブルトイレ購入した店舗で無料回収してもらえる可能性はあります

ただし、新しく購入するポータブルトイレとの交換や他の介護用品の購入に伴う回収オプションの可能性もあるため、まずは購入店舗に相談するようにしましょう。

項目施設や福祉協議会に寄付
処分費用
2,000円〜
処分する手間
運搬・配送の手間がある

使わなくなったポータブルトイレは、介護施設や社会福祉協議会に寄付することができます。

>> 都道府県・指定都市社会福祉協議会(外部リンク)

ただし、ポータブルトイレが不足している施設でないと寄付することができません

また、寄付する施設が見つかっても、施設までの運搬あるいは配送は自分で行う必要があります。

寄付先が見つかるまでポータブルトイレが処分できない上に、手間や費用がかかるため、不用品回収業者に処分してもらう方が圧倒的に簡単です。

フリマアプリやジモティーなどを利用する

項目フリマアプリに出品
処分費用
無料〜+数千円
処分する手間
出品・配送の手間がある

ポータブルトイレは、メルカリなどのフリマアプリやジモティーでも出品されています。

  • 中古品:4,500円〜
  • 新品:10,000円前後

>> メルカリ「ポータブルトイレ」(外部リンク)

介護用ポータブルトイレは重量があるため送料は比較的に高くなりますが、中古品でも4,500円ほどから売れていることからプラスになる可能性があります。

梱包や出品する手間や時間を惜しまなければ、メルカリやラクマのようなフリマアプリに出品するのも有効です。

ジモティーの場合は現地に取りに来てもらうことも可能ですが、自宅の場所を知られる可能性が高いため、プライバシーという点ではリスクがあることを念頭に置いておきましょう

他の介護用品もまとめて不用品回収業者に処分を依頼する

項目不用品回収業者による処分
処分費用
数千円〜
処分する手間
一切手間がかからない

使わなくなったポータブルトイレは、不用品回収業者に処分してもらうことができます。

ポータブルトイレ単品で不用品回収業者に処分を依頼すると高くついてしまいますが、親の介護後の介護用品はトイレだけではなくベッドや布団、シャワーチェアなどいらないものが多く出てきますよね。

不用品回収業者であれば、それらのいらない介護用品をすべてまとめて処分してくれます。解体や分別、運搬の手間が一切かからず、粗大ゴミのシールを購入・添付する必要もありません。

親の介護用品を処分するのは大変ですが、放置することもできない。どこから手をつけようかと悩んでいる方は、不用品回収業者に依頼すれば解決できますよ。

一括見積もりならエコノバ

エコノバは、会員登録不要、利用料金0円で最大5社の優良業者を紹介してくれるので、「効率的で使い勝手がいい」「業者がすぐに見つかる」と、実際に利用した人からの口コミや評判が良い一括見積もりサイト。

業者選びで失敗したくない、できるかぎり安く不用品を処分したいというかたにピッタリのサービスです!

エコノバ エコノバ

>> エコノバ公式サイトはこちら

使わなくなったポータブルトイレの処分に関する注意点

使わなくなったポータブルトイレの処分に関して、買取業者に買い取ってもらいたい場合は状態に注意が必要です。

ポータブルトイレは直接肌に触れる衛生品のため、基本的に中古品は買取対象外。ただし、新品未使用品であれば買い取ってもらえる可能性もあります

中古のポータブルトイレを持ち運ぶ手間が発生してしまう可能性があるため、買取業者に買取を依頼しようと検討している場合は状態に注意しましょう。

まとめ

使わなくなったポータブルトイレの処分は5つありますが、処分にかかる時間や手間を考えると1番おすすめな処分方法はフリマアプリに出品すること。送料を考えても、中古品で1,000円〜2,000円の利益が出ます。

しかし、親の介護後にポータブルトイレ単体で不要になることは少なく、他にもいらない介護用品が出てくる可能性も多いです。多数のいらない介護用品をまとめて処分するには、不用品回収業者の利用がおすすめです

複数点の不用品を1万円程度〜でまとめて処分してくれるので、「親の遺品整理もあるし、何から手をつけていいか悩んでいる」という方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの優良な不用品回収業者

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次