二階のタンスを処分する方法!注意点も解説

二階にあるタンス処分はどうする?方法と注意点を解説

エレベーターのないアパートの2階以上、あるいは戸建やメゾネットに住んでいる方は、二階のタンスを処分したくても「どうやって処分したらいいかわからない」と悩んでいませんか?

「重くて運び出せない」「大きすぎて持てない」といった問題に悩まされますよね。

二階にある重いタンスの処分は、『自分で処分する』あるいは『業者に処分を依頼する』方法があります。

この記事では、二階のタンスを処分する2つの方法と注意点を詳しく解説しているので、あなたの希望や目的に合った項目をチェックしてみてください。

タップできる目次

二階のタンスを処分する方法

二階にあるタンスを処分する方法は上記の2つで、それぞれ詳しく解説します。

自分で運び出して処分する

二階にあるタンスを自分で運び出して処分場合には、さらに2つの方法があります。

解体して階段から運ぶ

メリットデメリット
料金は2,000円程度〜自分で解体する必要がある
運び出しが大変になる
壁や床を傷つける可能性がある

衣装タンスや婚礼タンスといった大型家具は、1人で2階から運び出すことは困難です。

二階にあるタンスを1階に下ろして処分するには、家具を解体をして、以下のような手順で運び出す必要があります。

手順
壁や床を養生する

家具を運ぶときに壁や床が傷つかないように、養生をしておきます。

手順
タンスの中身をすべて出す

運び出すとき余計な重さがかからないように、タンスの中の衣類や物をすべて出しておきます。

手順
引き出しをすべて取り出す

引き出しが入ったままだと解体できません。さらには落下すると床や足が危ないので、あらかじめ引き出しをすべて取り出しておきます。

手順
連結家具を外す

タンスの扉やフレームを繋ぐ連結家具を外し、タンスをフレームだけにします。

手順
フレームを解体する

フレームだけになった家具を解体します。組み立て家具はドライバーで、完成品家具の場合はトンカチを使ってフレーム連結部を内側から叩き、解体します。

解体して階段から運ぶ方法は、以上のように解体・搬出にお金がかからないため、自治体の粗大ゴミ料金およそ2,000円〜でタンスを処分できます。

ただし、手間と時間がかかる上に壁や床を傷つけるリスクもあります

それでもタンスの処分費用を抑えたいという人は、ぜひ自分でタンスを解体してみてください。

ロープやクレーン車で窓から運ぶ

メリットデメリット
なし余計な手間と時間がかかる
人手が2〜3人ほど必要になる
料金がかえって高くなる
搬出技術が必要になる

自分でロープやクレーン車を使って二階のタンスを窓から運び出す方法もありますが、はっきり言ってメリットはなく、むしろデメリットだらけです。

ロープとクレーン車、どちらにしても余計な手間がかかる上に1人では作業を行えません。

クレーン車に至っては準中型以上の免許がないと運転できず、オリックス自動車のトラックレンタル料金表では2tクレーン車が6時間で約18,150円です。

家族や友人に手伝ってもらってロープで二階から搬出する、あるいはクレーン車による吊り下げ経験がある人は良いかもしれませんが、あまりおすすめではありません。

業者に依頼して処分してもらう

二階にあるタンスを業者に依頼して処分してもらうには、それぞれの業者の特徴を知っておきましょう。

引越し業者に引き取りを依頼する

引越し業者に引き取りを依頼する場合は、家電リサイクル法対象商品以外の引き取りを行なっていないことが多いため注意が必要です。

ご不要になったご家財や小物類、家電リサイクル法対象商品以外の家電類については、処分引取が出来ませんので、事前にお住まいの自治体にお問合せいただき、お客さまにて処分のお手配をお願い申し上げます。

アート引越センター

タンスの引き取りが可能か、必ず事前に確認するようにしましょう。

家具販売店に引き取りを依頼する

家具販売店によるタンスの引き取りは解体も引き受けてくれるため、二階からの搬出も可能です。

ただし、多くの家具販売店で「購入家具と同数あるいは同容量」と条件を設定しています。

ニトリの家具引き取りサービス
出典:ニトリお客様サーポート

家具の販売店に引き取りを依頼したいタンスと、新たに購入した家具の容量が異なると引き取り不可のため注意しましょう。

出張買取業者に買取を依頼する

2次流通でも売れるようなタンスであれば、出張買取業者に依頼すると買い取ってくれます。

ただし、出張買取業者によっては二階のタンスを運べない場合や、買取料金に対して搬出費用が見合わない場合は買取不可の可能性もあります。

必ず事前に買取希望のタンスの状態や家屋状況を買取業者に伝えて、買取可能かどうかの見積もりを出してもらいましょう。

不用品回収業者に処分を依頼する

不要なタンスを処分あるいは複数の不用品をまとめて処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するといいでしょう。

二階からの搬出や解体もコミコミのパック料金で行なってくれる優良な不用品回収業者の場合、手間いらずで簡単に、お得に安くタンスを処分することができますよ。

二階のタンスを処分するときの注意点

自分で処分する業者に依頼する
壁や床を傷つけるリスクがある
近隣の騒音になる可能性がある
自分がケガをする可能性がある
出張買取業者に依頼する場合
①二階からの搬出は不可もある
②組み立て家具は不可も多い


不用品回収業者の場合
①1点では回収不可も多い
②1社だけの見積もりは危険

二階にあるタンスを処分するとき、自分で処分する場合と業者に依頼する場合でそれぞれ注意点があるため、以下で詳細を解説します。

自分で処分するときの注意点

二階にあるタンスを解体して搬出するときに、壁や床を傷つけないようにすることはもちろんのこと、自分自身がケガをしないよう充分に注意してください。

また、プロの業者であれば最小限の作業音で抑えられますが、慣れていない素人がタンスを解体して二階から搬出すると近隣に騒音となる可能性が高いです。

「タンスを処分するだけ」と甘く考えず、自分でタンスを処分するときは上記の注意点を念頭に置いておきましょう。

業者に依頼して処分するときの注意点

引越し業者に引き取りを依頼する場合や、買い替えで家具の販売店に回収を依頼する場合は、タンスの引き取りに対応しているか確認が必要です。

出張買取業者では二階からのタンスの搬出に対応していないことや、IKEAやベルメゾンのように組み立て家具の場合は買取不可もあるので注意しましょう。

不用品回収業者では家具をまとめて回収することが多いため、1点からの回収に対応していない会社もあります。

また、二階にある家具の搬出の場合は基本料金に加えて別途オプションがかかることもあるため、複数業者に相見積もりを依頼して処分料金を確認しましょう。

>> 不用品お片付けの一括見積りはコチラ!

二階のタンスを処分する方法!まとめ

二階のタンスを処分する方法を解説しましたが、処分にかかる料金や手間、タンス以外にも処分したい不用品があるかどうかによっても最適な方法が異なります。

あなたの希望に合ったタンスの処分方法をしっかり考え、「やっぱりこっちの方法にすれば良かった」と後悔しないようにしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
タップできる目次
閉じる